研究分析

サラ桑の研究について

(株)モレラが世界で初めての屋内水耕栽培技術で誕生させた沙羅桑は、成分的にも食感などの食用素材的にも従来の屋外栽培桑とは全く異なる性質を持つことから基礎研究的にも大変興味の深い対象です。

(株)モレラは開発当初から新潟薬科大学応用生命科学部と共同研究を進めてきており、従来の桑とは一線を画する様々な特性を学術的な面から明らかにしてきました。

新潟薬科大学 名誉教授 小西徹也

新潟薬科大学との共同研究成果

2019年~ ポリフェノールプロファイリングによる桑における品種間差異の解析
2018年~ 水耕栽培桑の根乾燥物ち桑白皮の機能性及び含有成分の比較検討
2017年~ 抗メタボリックシンドローム機能を有する食品の
組み合わせによる相加相乗効果の検討
2016年~ 高脂肪高ショ糖給餌ラットにおける水耕栽培桑の抗肥満効果

学術情報

資料をダウンロード

研究発表論文

資料をダウンロード

Scientific Research サイトリンク室内水耕栽培で培養されたクワの特徴

2022年 Sakurai M, Sato s, Fukushima T, Konishi T, Characteristics of Morus alba L cultured by in-room hydroponics. (2022) Am J Plant Sci Vol.13 (1) https://www.scirp.org/journal/paperinformation.aspx?paperid=114866

1-DNJ(デオキシノジリマイシン)含有量について

分析・実験大学・・新潟薬科大学
一般分析・・・・・株式会社コーエキ(長野県 岡谷市)
1-DNJ(デオキシノジリマイシン)含有量グラフ

※DNJ:専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リストに記載されている化学物質です。
※局方とは・・日本薬局方の医薬品として登録されている薬品のこと。

サラ桑のはじまりは
ここから