桑の葉の優れた効果効能 糖尿病予防(血糖値低下)やコレステロール値正常化
桑の葉について

桑の葉について

桑の歴史

雷のような恐ろしさに遭遇した時や厄介なことに遭遇した時に発する言葉に「クワバラクワバラ」があります。最近ではそう身近に聞く言葉でもないようですが・・・。現代的にはその恐ろしいことや物事が何事もなく通り過ぎて欲しいとことで、差し詰めスルーしてくださいと祈る言葉でしょうか。このクワバラの語源は菅原道眞公の領地桑原(桑畑)には雷が落ちないという言い伝えが元になっているという説がありますが、桑は昔から人の生活と密接な関係を持っていたということです。

桑といえば養蚕を思い浮かべる方も多いかもしれません。養蚕は5~6千年ほどむかしに中国の揚子江流域で始まり、日本には紀元前200年頃に稲作と一緒に伝わったと言われています。
化学繊維が生まれるまでは、生糸を作る養蚕業が大きな産業でした。そのため桑の栽培も全国的に広がり、誰でも知っている植物となりましが、それは繭を作るお蚕様の餌としての大切な存在であるという認識であり、人が口にするものとしての認知は逆に低くなってしまいました。
しかし、桑は元来人間の健康とも関係の深い植物でした。

桑 蚕

生薬としての歴史

桑は古来の薬物書の中品に記載されている植物です。

古代中国【神農本草経】での桑について

【神農本草経】は農業、薬学の神様(神農様)が我が身で動植物や鉱物の効能を試し、その効能を一年の日数に合わせた365種の薬効別に分類している書物です。
桑は中品に分類されています。

上品(薬)(じょうほん)120種
養命薬(生命を養う目的)不老長寿
中品(薬)(ちゅうほん)120種
養性薬(体力を養う目的)病気予防
下品(薬)(げほん)  125種
治療薬 毒性が強いものが多い
毒を持って毒を制す
神農本草経

日本国内【喫茶養生記】での桑について

【喫茶養生記】は中国での体験を元に禅僧栄西が承元5年(1211)に著した上下二巻からなる茶と桑の効用を広めた書物です。

下巻で桑の効能が著され、五つの病態の予防、改善と桑の関係が記述されています。

五病とは「飲水病、中風、拒食、瘡、脚気」のことを指します。
*注 飲水病・・現在の糖尿病の症状、中風は脳梗塞の後遺症、拒食は食欲不振

喫茶養生記

生薬としての桑(効能・漢方薬)

部位
写真 葉 茎 実 根
生薬名 桑葉
(ソウヨウ)
桑枝
(ソウシ)
桑椹
(ソウジン)
桑白皮
(ソウハクヒ)
採取加工
(日本薬局方)
11月頃の葉を採取して天日乾燥 初夏に若い枝を 刈り取り天日乾燥 実の部分(果穂)を集めて天日乾燥 冬に根を掘り、皮部を剥いで天日乾燥
効能 鎮咳、解熱、鎮痛、抗炎症(のど、赤目)、頭痛、めまい、抗菌、止汗、高血糖 など リュウマチ、関節痛、鎮痙,浮腫、利尿、血圧 など 強壮、補腎、うがい、口内洗浄、白髪、めまい、耳鳴り、かすみ目、不眠症、尿失禁、神経衰弱、低血圧、糖尿 など 歯痛、下剤、喘息、鎮咳、鎮静、駆虫、収斂、発毛 など
 漢方薬 清肺湯・五虎湯など

桑の研究(論文数)

抗酸化、抗炎症作用
血糖値低下作用
インスリン感受性増加作用
抗アレルギー作用
肝臓保護作用
精神安定作用
美白作用

抗肥満、内臓脂肪蓄積抑制
中性脂肪低下作用
膵臓機能改善
抗菌、抗ウイルス作用
抗認知症作用
抗うつ作用
抗癌作用 など

論文数

日常生活の中の桑の役割 -桑の優れた成分-

桑は部位により、特徴的な成分分布を持っています。

葉にはクロロゲン酸・1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)などのイミノ糖・フラボノイドなどの 成分が多く、根には多種類のポリフェノールが主成分です。

  • お腹に優しい水溶性の食物繊維が豊富
  • 身体を維持する微量栄養素例
    • カルシウムは明日葉の5倍
    • 鉄分はケールの5倍
    • 亜鉛はクレソンの3倍
  • 糖の吸収を抑えるデオキシノジリマイシン
  • 血圧調整作用を発揮するガンマーアミノ酪酸
  • 抗酸化、抗炎症作用成分のフラボノイド

(参考文献:クワ葉の薬効(株式会社ヘルス研究所)発行)

生活習慣病のエース

桑の食後血糖値抑制成分1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)

1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)とは

DNJの作用と効果 DNJの作用と効果

構造がブドウ糖に極めて類似している糖様物質で桑の特徴的な成分のひとつです。 食物のデンプンなどの炭水化物は胃で消化され、最終的に小腸上皮にあるα-グルコシダーゼと呼ばれる糖分解酵素によりブドウ糖に分解されて、体内へ吸収されます。1-デオキシノジリマイシン(1-DNJ)はこのα-グルコシダーゼを阻害する作用があるので糖の吸収を抑える結果になります。 (参考:独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

このように桑葉には血糖の上昇を抑える働きがあるので、お茶などで摂取することで日常の健康を昔から助けてきました。

世界初の水耕栽培の桑「サラ桑」について

豊富に含まれている栄養素

成分 食物繊維 / カルシウム / 鉄 / 亜鉛 / ビタミンA / ビタミンB1 / カロテン / エルゴステロール / ルチン / ガンマーアミノ酪酸 / モランA / クワノンG / クワノンH / 1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

「株式会社モレラ」および「サラクワ」についてのお問合せ

電話番号 メールでのお問合せ